沢山の種類があるうつ病の症状|正しい知識を覚えておこう

医療

子供にも発症する病気です

男の人

子供と大人の違い

うつ病は成人や思春期の人にかかるだけでなく、幼い子供でも発症することがあるので気を付けなければなりません。子供のうつ病は実はなかなか発見が難しいといわれているだけに、そのまま放置してしまうことがあります。なぜ発見が難しいのかといいますと、発症するその症状が成人や思春期と違ってあらわれるからです。子供のうつ病はどのように症状があらわれるのかといいますと、気性が荒くなり常にイライラして癇癪を起こしやすい状態もあれば、モチベーションが上がらず何もかもにやる気を起こさず何かに不安を感じていたり緊張していることから夜眠れなくなったりするなど、ほかにも食欲低下、急に学校に行けなくなるなど、様々な症状が出てきます。しかしその症状が大人と違ってなかなかはっきりしないこともあり、家族は反抗期と勘違いしたり、一時的なものだと誤解したりするなど、つい放置してしまうことがあり症状が悪化してしまうこともあります。このような状態になってしまったとき、親は焦る気持ちや、はっきりしない状態にイライラするなど気持ちを子供にぶつけるように厳しく叱ったり、逆に「がんばれ」などのように励ましの言葉を与えたりすることがあるかもしれません。しかしうつ病を発症している子供にそれは逆効果となることもあるため、言葉をかけるには注意が必要です。うつ病にかかっているのではないかと疑いを持つ子供に対して、親はどのように対応すれば良いのかですが、それは子供に安心感を与えるような言葉をかけることが大切です。「親は味方」という、いつでも親は守ってくれる安心感を与えることで、子供は不安な気持ちを改善させることもできます。なかなか改善の見込みが感じられない場合は、病院で診てもらうことも大切です。児童精神科というところもありますし、学校ではスクールカウンセラーが存在しているので、相談するのも方法の1つとなります。早期発見することで治りも早くなるといわれているので、直に病院で診てもらうことにためらう人は、まずはスクールカウンセラーに相談し、どう対処すればよいのかを聞くとアドバイスをもらえることもあります。病院によっては子供を連れて行かなくても、親の相談だけを受け付ける児童精神科もあるので、病院で問い合わせるのも良い方法となります。とにかくうつ病は治すことが大切なので、放置せずに、どのように行動するべきなのかを考え、相談できる相手に話をすることから始めるのが良いかもしれません。