沢山の種類があるうつ病の症状|正しい知識を覚えておこう

医療

心と体に現れる

病院

進行度によっても違う

うつ病というと精神的な症状が強いイメージがありますが、実際には心にも体にも様々な症状が現れます。精神的な症状は初期から現れ始め、ここでうつ病かもしれないと気付くことが多いです。具体的には激しい落ち込みや無気力感、孤独感といった自分に対してネガティブな感情が強く出るものや、イライラや怒り、焦りなど周りに対して攻撃的な感情を抱くものもあります。しかしうつ病が進行すると多くは落ち込みが強くなり、今まで興味があったことや得意だったことに対しても興味がなくなり行動力が著しく低下します。集中力も低下するため仕事や学業など日常生活に大きな支障をきたすこともあります。また自己嫌悪感が強くなり、少しのミスやプレッシャーにぶつかったときはもちろん、褒められるなど本来ならプラスに働くこともマイナス思考になりやすくなります。この時期には、不安な気持ちを取り除き心を落ち着かせるような薬を使うと同時にカウンセリングも行って悩みや不安を言葉にして体の外に出す作業を行います。また不安や考え事が頭の中を巡りすぎて眠れなくなることがあるため、睡眠導入剤などを使うこともあります。一方で、身体に症状が現れることもあります。頭痛や腹痛などが一般的で、これらは精神的な症状に先行することもあれば後から出てくることもあります。先に出てきた場合、最初はうつ病が根底にあると気付かないことも多く、内科などの病院に通っても原因が分からないまま対症療法的に薬を飲むことも少なくありません。身体的な症状は日常生活に直接的に支障をきたすため、物理的におさえる治療は効果的です。ただし根本的な治療にはならないため、なかなかおさまらないと感じたときは心療内科や精神科の受診も視野に入れ、うつ病の治療も考えていく必要があります。治療を進めていくと少しずつうつ病は改善します。この時期は、無気力感や孤独感といった体を動かせなくなるほどの精神的な症状はおさまっていきますが、少しのことで落ち込みやすかったりまだ自分に自信が持てなかったりする時期でもあるため油断はできません。できることから少しずつ、小さな成功体験を積み重ねていって自信に繋げていきます。身体的な症状は内服薬でおさえやすいので、病院でも気軽に相談して処方してもらうのがお勧めです。症状は個人差があり、うつ病の治療によく使われる薬にも様々な種類があるため使ってみないと分からないのが正直なところです。自分の症状を自分でよく理解し、医師に細かく伝え、焦らずに治療していくことが大切です。